【追記】ポール・スミス氏は「脳性麻痺」のある障害者ではなく、アーティストで脳性麻痺があるだけでした!

スクリーンショット 2015-10-30 10.07.48

僕は、生前の彼を100人、世に送り出したいのです。

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

久々に魂が震えました!

僕は、生前の彼を100人、世に送り出したいのです。

それが、このプロジェクトなのです!!

こちら、是非ご覧ください。


 

追記:2015年11月12日

その後考えていたのですが、このポール・スミス氏の一件は、タイプライターが凄いのではなく、ポール・スミス氏の「脳の作り」が凄いんですよね。

普通、「絵」って書きながらイメージを膨らませてペンを走らせ、ペンでは「被写体」を描きますよね。

どんな優れた絵かきさんでも、ペンで描くのは「被写体」ですよね。

これに対し、ポール・スミス氏は、「空白も含めた被写体」を、まるで座標軸のマス目を埋めるように描いていますよね。

これってつまり、

1.Excelのような縦横軸で設計された座標がポール・スミス氏の脳内にあり

2.その座標には「点」で描かれた完成した絵があり

3.ポール・スミス氏は、その「点」で描かれた座標の絵に対し、どの行のどの列からも描くことができる天才的な能力

 
をお持ちなのではないでしょうか。
 

日本の伝統文化に「機織り」があります。

1206_hataori3

この機織りで描き出す模様も、大変美しいものですが、機織りで人物や風景画を描くというのは、聞いたことがありませんよね。

そう考えると・・・

ポール・スミス氏の能力が、いかに超人的な能力であったかを、うかがい知ることができますよね。

上記は僕の仮説に過ぎませんが・・・このように考えると、ポール・スミス氏は、超人的な能力を持った脳性麻痺者であったのではないかと、考えることができます。

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - 【追記】ポール・スミス氏は「脳性麻痺」のある障害者ではなく、アーティストで脳性麻痺があるだけでした!
Pocket
LINEで送る