アスペルガー症候群・自閉症は、自閉スペクトラム症に

th_スクリーンショット 2014-06-04 19.44.15

大事なのは「障害名」ではない!

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

精神疾患:病名に新指針 パニック障害は「パニック症」

先日、「精神疾患:病名に新指針 パニック障害は「パニック症」」というニュースがありましたね。

スクリーンショット 2014-06-04 19.41.51

一般の方のために、このニュースが伝えている事を一言でわかりやすく言うと、

「障害名が変わった」

ということです。

これに類似したことは、1998年にもありましたね。

1998年には、知的障害者福祉法が制定され、それまで「精神薄弱」と呼ばれていた障害が「知的障害」と呼ばれるようになりました。

覚えていらっしゃいますか?

この2例が物語っていますが、

・法律
・学会

という領域では、障害名って、バンバン変わります。

また、医学が進歩する度に、新しい障害名も生まれています。

でも、その裏では・・・

誤診で「障害児」とされる障害のない子も出てきているようです。

スクリーンショット 2014-06-04 19.44.15

先日、このニュースを僕のfeacebookで取り上げたら、

・300件越えの「いいね!」
・40件近いコメント
・20件を超えるシェア

でした。

つまり、「皆さんの関心度が高かった」ということですね。
 

「害」を「がい」にする前に大切なこと

よく、障害者を「障碍者」と書きましょう、「しょうがい者」と書きましょうという活動がありますよね。

ぼく、これは大事だと思います。

でも、

「害」の字を「がい」の字にするかどうかより、緊急で大切なことが山ほどあります。

例えば、

・障害名がついてもつかなくても安心して学べる学教教育体制をつくること

・大学の入試に発達障害者枠をつくること

・障害児者と共に学び暮らす教育を普通学校教育で行うこと

の方が、「害」の字を「がい」の字にするより、はるかに大事で急務だと、僕は思います。

「法律・学会が見ているところ」と、「現実社会問題点」の間にあるスキマが開いていく一方に感じられるけど、僕の活動フィールドは「現実社会」に地に、しっかり足をつけていきたいと思います。

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - アスペルガー症候群・自閉症は、自閉スペクトラム症に
Pocket
LINEで送る