「障害を能力に変える」とは、別の言い方をすれば「視点を変える」ということ

1186

収集家は研究家である

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

「障害を能力に変える」とは、別の言い方をすれば「視点を変える」ということです。
 

収集家は研究家?

例えば、

・収集家

っていますよね。

スクリーンショット 2014-06-07 16.47.03

・切手
・キャップ
・フィギア

などを集める人です。

彼らは、

・切手
・キャップ
・フィギア

などが好きで、それらを収集をするわけですが、彼らはただ集めるだけでなく、収集するソレについて、並外れた知識を持っていたりします。

つまり「研究家としての才もある」ということですよね。
 

収集家は研究家になれる!

ただ好きなモノを収集するだけだと、その収集する物質に相応の価値がなければ、その収集行為は、仕事になりません。

しかし、収集したものを並外れた知識をもって「研究」し、更には、その研究結果を欲しがっている対象に対して「発表」することができれば、その収集行為は、十分仕事になります。

これ、障害が能力に変わったってことですよね。^^

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - 「障害を能力に変える」とは、別の言い方をすれば「視点を変える」ということ
Pocket
LINEで送る