知的発達障害児者施設のロールモデル:こころみ学園&ココ・ファーム・ワイナリー

cocofarm20314

知的障害児者も「労働」を味わい楽しめる!

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

今日は、知的発達障害児者の障害特性を活かして、

・葡萄づくり
・しいたけ栽培
・ワインづくり

等をしている、「こころみ学園&ココ・ファーム・ワイナリー」をご紹介します。

僕は、2012年2月に同施設を訪れ、2時間かけて、じっくり園内とワイナリーの見学をさせていただきました。

201307031702338081
 

こころみ学園は、1958年に、当時中学校の特殊学級の教員をしてた川田昇さんが、生徒たちと一緒になり、栃木県足柄市の超傾斜地(平均斜度38度)を購入・開墾し、活動をスタート、その後、1969年に認可を受け社会福祉法人となりました。

同学園の特徴は、知的に障害があるから何もできないと言われ、過保護に育てられた子どもたちに、

・葡萄づくり
・しいたけ栽培

をはじめとする「労働」を与え、

・働く楽しさと
・食べる喜び
・生きる嬉しさ

を与えたことです。
 

また、1980年には、園生たちが経済的にも自立できるようにと、学園の考え方に賛同する父兄たちの出資によって、ココ・ファーム・ワイナリーを設立。

初年度には10トンの葡萄から12000本のワインを製造、12000本のワインはたちまち売り切れました。

現在、ココ・ファーム・ワイナリーのワインは、

・2000年の九州・沖縄サミットでの晩餐会
・2008年の北海道洞爺湖サミットでの総理夫人主催の夕食会

で使用されるなど、国際的にも高い評価を得ています。

f0084695_1535108
 

1950年当時に、知的障害児者に「労働を与える」という考え方は他に類が無かったでしょうし、その労働も、知的障害児者がやりやすい

・肉体労働
・わかりやすい作業
・ルーチンワーク

にしたことが、障害者の「障害特性」と労働の「作業特性」のマッチングを活かした”アダプティブ”な思考・行為で、本当に素晴らしいと思いました。

また、その労働から生まれたモノ(葡萄)を製品化(ワイン)し、それを市場に流通させるというのが、今日においても、まだ例の少ない、希少で価値のある取り組みだと、感銘を受けました。
 

こころみ学園の創始者川田昇さんが書かれた「山の学園はワイナリー」は、川田さんの試みと志が詰まった一冊です。

51H8JFV4S4L._SL500_AA300_

是非お手にとって、読んでみてください。
 

ココ・ファーム・ワイナリーでは、毎年11月に収穫祭が行われていて、大変なにぎわいを見せています。

imgb9626078zik4zj

今年こそは、僕も行きたいと思います!

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - 知的発達障害児者施設のロールモデル:こころみ学園&ココ・ファーム・ワイナリー
Pocket
LINEで送る


「障害を能力に変える」とは、別の言い方をすれば「視点を変える」ということ

1186

収集家は研究家である

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

「障害を能力に変える」とは、別の言い方をすれば「視点を変える」ということです。
 

収集家は研究家?

例えば、

・収集家

っていますよね。

スクリーンショット 2014-06-07 16.47.03

・切手
・キャップ
・フィギア

などを集める人です。

彼らは、

・切手
・キャップ
・フィギア

などが好きで、それらを収集をするわけですが、彼らはただ集めるだけでなく、収集するソレについて、並外れた知識を持っていたりします。

つまり「研究家としての才もある」ということですよね。
 

収集家は研究家になれる!

ただ好きなモノを収集するだけだと、その収集する物質に相応の価値がなければ、その収集行為は、仕事になりません。

しかし、収集したものを並外れた知識をもって「研究」し、更には、その研究結果を欲しがっている対象に対して「発表」することができれば、その収集行為は、十分仕事になります。

これ、障害が能力に変わったってことですよね。^^

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - 「障害を能力に変える」とは、別の言い方をすれば「視点を変える」ということ
Pocket
LINEで送る


アスペルガー症候群・自閉症は、自閉スペクトラム症に

th_スクリーンショット 2014-06-04 19.44.15

大事なのは「障害名」ではない!

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

精神疾患:病名に新指針 パニック障害は「パニック症」

先日、「精神疾患:病名に新指針 パニック障害は「パニック症」」というニュースがありましたね。

スクリーンショット 2014-06-04 19.41.51

一般の方のために、このニュースが伝えている事を一言でわかりやすく言うと、

「障害名が変わった」

ということです。

これに類似したことは、1998年にもありましたね。

1998年には、知的障害者福祉法が制定され、それまで「精神薄弱」と呼ばれていた障害が「知的障害」と呼ばれるようになりました。

覚えていらっしゃいますか?

この2例が物語っていますが、

・法律
・学会

という領域では、障害名って、バンバン変わります。

また、医学が進歩する度に、新しい障害名も生まれています。

でも、その裏では・・・

誤診で「障害児」とされる障害のない子も出てきているようです。

スクリーンショット 2014-06-04 19.44.15

先日、このニュースを僕のfeacebookで取り上げたら、

・300件越えの「いいね!」
・40件近いコメント
・20件を超えるシェア

でした。

つまり、「皆さんの関心度が高かった」ということですね。
 

「害」を「がい」にする前に大切なこと

よく、障害者を「障碍者」と書きましょう、「しょうがい者」と書きましょうという活動がありますよね。

ぼく、これは大事だと思います。

でも、

「害」の字を「がい」の字にするかどうかより、緊急で大切なことが山ほどあります。

例えば、

・障害名がついてもつかなくても安心して学べる学教教育体制をつくること

・大学の入試に発達障害者枠をつくること

・障害児者と共に学び暮らす教育を普通学校教育で行うこと

の方が、「害」の字を「がい」の字にするより、はるかに大事で急務だと、僕は思います。

「法律・学会が見ているところ」と、「現実社会問題点」の間にあるスキマが開いていく一方に感じられるけど、僕の活動フィールドは「現実社会」に地に、しっかり足をつけていきたいと思います。

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - アスペルガー症候群・自閉症は、自閉スペクトラム症に
Pocket
LINEで送る


障害を能力に変える環境づくり お問い合わせ

このブログに関するご質問・お問い合せは、こちらのメールフォームからお寄せ下さい。

 





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

件名

メッセージ本文

はてなブックマーク - 障害を能力に変える環境づくり お問い合わせ
Pocket
LINEで送る


アスペルガー・自閉症と言われる子たちに、普通学校教育は必要か?

20140414-4

ずば抜けた脳みそを200%活用したら・・・

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

日々発達障害のある子と触れ合っていると、「教育」に関する話が出ない日はありません。
 

発達障害 ✕ 教育

例えば、学校での取り組みや、家庭での勉強について。

これらについて、先生やお父さんお母さんと話をしていると、非常に興味深い話が聞こえてきます。

それは、アスペルガー・自閉症と言った障害のある子たちの多くが「タブレット」を自在に使いこなすこと。

20140414-5
 

タブレット

アスペルガー・自閉症と言った障害のある子たちは、往々にして、インターネットに繋がったタブレットが1台あれが、何時間でも楽しく過ごせます。

彼らは、タブレットが1台あれば、自分の興味関心のある分野に何時間でもアクセスしていられるのです。

ちなみに、彼らのタブレットさばきを見ていると、「子供だから機械の覚えが早い」とか言うレベルでは、ありません。

彼らのタブレットさばきは、目を疑うほど早く、「アップルのジーニアスを超えているのでは?」と、思うことさえあります。
 

深堀りできる脳みそ

フラットな脳みその持ち主と言われる健常者は、一度に複数のタスクをこなそうとしたり、集中力に乏しかったりするので、物事を深堀りする能力に乏しい傾向にあります。

しかし、アスペルガー・自閉症という障害を持つ彼らは、他の情報を一切シャットアウトし、一心不乱に、自分の興味関心のある分野の情報を深堀りできます。

だから、自分の興味関心のある分野には、ずば抜けた知識を持っていることが、少なくありません。

にも関わらず・・・

現代の学校教育は、アスペルガー・自閉症といった障害のある子たちにも、どうにかこうにかして、普通教育をさせようと必死に見えます。

20140414-3

これが僕には、不思議に見えて仕方ありません。
 

自身の脳みそを200%使いこなせるような教育カリキュラム

もし仮に、アスペルガー・自閉症といった障害のある子たちが、普通学校教育を受け入れ、育ったとしても・・・

普通(凡人)になるだけ、ですよね。

でも、フラットな脳みそを持つ健常者が「わからないだけ」で、彼らは既に、特定の分野にずば抜けた能力をもっているんです。

であるのなら、

アスペルガー・自閉症と言った障害のある子たちが、自身の脳みそを200%使いこなせるような、教育カリキュラムをつくったほうがいいですよね。

20140414-4

少なくとも、僕はそう思います。

そう思うし、今現在こうした教育システムが開発されていないのなら、僕がこれを開発しちゃおうかなとさえ、思います。

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - アスペルガー・自閉症と言われる子たちに、普通学校教育は必要か?
Pocket
LINEで送る


プロフィール / 齊藤直の自己紹介

th_0069_original

障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です

今日から、「アスペルガー・発達障害・自閉症児者の障害を能力に変える環境づくり」と題して、このブログをスタートさせようと思います。
 

障害者スポーツ

僕は、日本体育大学在学中に、全米障害者スポーツセンター(通称:NSCD)に行ったことがきっかけで、障害者スポーツ指導を自身のライフワークとしました。

卒業と同時に、任意団体アダプティブワールドを設立、3年間の任意団体活動を経て、2005年10月にアダプティブワールドをNPO法人化。

600.250

以降は、活動フィールドを全国区へ広げ、現在では、

・補助金、助成金を得ずに
・フルタイムスタッフ、アルバイトも複数名雇用し
・年間を通して、障害者スポーツ指導を主事業とする

日本で唯一のNPO法人を運営しています。
 

アスペルガー・発達障害・自閉症という障害

アダプティブワールドの活動を通して、僕は、何万人もの障害児者と触れ合ってきました。

中でも、アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人々とは、数多くの出会いがあり、活動を共にしてきました。

アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人々の多くが、現代社会においては、弱者・通常の教育や社会生活が行いにくい人と認識され、多くの場合が、健常者と呼ばれる人と、セパレートされた教育・社会生活をさせられています。

しかし、僕は、アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人々でも、社会的にその存在を高く認められ、また、社会(世間)に必要とされている人とも、数多く出会ってきました。

smart-geeky-kids
写真は、TEDの講演で有名な、自閉症のテンプル・グランディンさん

世間で名が知られる彼らは、アスペルガー・発達障害・自閉症という障害がありますが、「障害者」ではなく「英雄(ヒーロー)」として、活躍しています。
 

ある環境の弱者が、ある環境では英雄

一方では、「弱者」と認識されている人が、もう一方では、「英雄」として認識されている。

僕は、この10年間、ずっとこの違和感を、体の奥底で感じていました。

しかし、その違和感が何なのか、言語化も具現化もできませんでした。
 

どんなに優れた能力でも環境によっては無価値

ある日、僕は「障害」を「障害」とだけ考えていたので、この違和感のゴールが見つからないのだということに、気が付きました。

その時、僕が「どのように考えたのかというと・・・。

「障害」を「能力」と考えたのです。

600spec-convelator

こう考えた途端、点で散らばっていた全ての違和感が、線で結ばれる感覚を得ました。
 

「環境」がなければ、全てはゼロ

例えば、大学教授。

大学教授は、研究を専門とし、大学という組織の中にいるから、大学教授なのです。

しかし、大学・研究という環境から外れた瞬間、彼らは、「ただの男性」であり「ただのおじさん」になります。

600th_旭川大学

また、お寿司屋さんもそうです。

お寿司屋さんの大将は、魚やシャリがあって初めてお寿司屋の仕事ができますが、これらがないと、ただ元気のいいおじさんになります。

そう、「能力」とは、それを活かす「環境」があって、はじめて機能するのです。
 

Adaptive

僕は、障害者スポーツを通じて、アダプティブ(Adaptive)という、キーワードに出会いました。

アダプティブとは、形容詞で、「適合する、適応する、順応性のある」という言葉です。

このアダプティブ、僕たちは形で表すときには、パズルの1ピースを示します。

1

パズルの1ピースって、これが当てはまる環境にあると、パズルとして機能しますが、その環境がないと・・・どこにも当てはまらない、ただの異物です。
 

パズルの1ピース=アスペルガー・発達障害・自閉症

このパズルの1ピースって、アスペルガーであり、発達障害であり自閉症だということができますよね。

つまりは、

アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人たちは、その障害を活かす環境さえあれば、その障害は「能力」となり、社会(世間)に必要とされるのです!
 

生き方をInnovation

これに気がついた時、僕は、アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人たちの障害を「能力」に変える環境づくりを、自らのライフワークにしたいと、強く思いました。

0078_original

アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人たちの「障害」は、環境を変えることで「能力」となります。

僕は、このブログを通して、アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人を中心とした「障害者」の生き方をInnovationしたいと思います。

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - プロフィール / 齊藤直の自己紹介
Pocket
LINEで送る


このブログについて

1

「マイナス」は、環境を変えると「プラス」になる

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

このブログでは、今日まで社会で「常識(あたりまえ)」とされてきたことで、僕の目から見ると「それって、実は常識じゃないよね。」ということについて、齊藤直というフィルタを通した見解を、発信していきたいと思います。

20130123114037

 

飛び抜けた能力は活かせばいい

2014年現在でも、アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人々は、健常者より高い能力をもっていても、社会で生きるために、その能力に蓋をし、既存の仕事に就くことが良いとされています。

しかし、僕にはこれが、正しいこととは思えません。

アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人々は、ある一部の能力が、健常者よりも飛び抜けて高いことがあります。

l_237

また、その能力は、ある一定水準を超えると、世界的な評価を受け、歴史に名を刻みます。

例えば、アインシュタイン、ゴッホ、山下清らがそうだと言われています。

であるのならば、アスペルガー・発達障害・自閉症という障害のある人々を、「既存の就職枠に当てはめよう」とするのではなく、彼らには「飛び抜けた能力を磨く・活かす環境」を与えることが大事なのではないでしょうか。
 

教育カリキュラムから見直しが必要

そう考えると、アスペルガー・発達障害・自閉症という障害のある人々が受ける「教育」から、見直しが必要です。

既存の学校教育では、アスペルガー・発達障害・自閉症といった障害を持つ子どもたちにも、健常者と同じ、または、健常者の学習指導要領をベースとした教育が行われています。

しかし・・・彼らは、健常者と同じ、または、健常者の学習指導要領をベースとした教育を受けることを、得意としません。

もちろん、「読み・書き・そろばん」は、できた方がいいです。

なぜなら、既存の社会で生きていくために、「読み・書き・そろばん」は、できたほうが「便利だから」です。

しかし、「読み・書き・そろばん」でさえ、「できたら便利」というだけで、できなければ「死」というわけではありません。

であるのならば、アスペルガー・発達障害・自閉症といった障害を持つ子どもたちには、まず、「彼らが潜在的に持つ飛び抜けた能力を活かす・磨く教育カリキュラム」を与えても、いいですよね。

Fotolia_29123194_XS

 

このブログで、僕がすべきことは4つ

このように考える僕は、このブログを通して、アスペルガー・発達障害・自閉症といった障害のある人々の

・教育カリキュラムづくり
・そのカリキュラムを学ぶ場づくり
・その場で磨いた能力を活かして作品を創り売る店づくり
・自活する力を手に入れた彼らが永続的に活躍できる場づくり

を行いたいと思います。

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる。
No Adaptive, No Life.
 

はてなブックマーク - このブログについて
Pocket
LINEで送る


「障害」を「能力」に変えるメールマガジン

携帯・スマホでも購読できます

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

不定期で、「障害を能力に変えるメールマガジン」をお届けしています。

購読のお手続きは、こちらからどうぞ。
 

姓:

名:


 

「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - 「障害」を「能力」に変えるメールマガジン
Pocket
LINEで送る