後天性サヴァン6つの驚異的な物語

51Yp7GhUdzL._SY355_

しかし、少数ではあるが、「後天性サヴァン」と呼ばれるようなサヴァンの人々もいた。

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

先日、「The Amazing Stories of 6 Sudden Savants:後天性サヴァン6つの驚異的な物語」という記事を見つけました。

accidental-composer_6
写真元:mentalfloss.com
 

この記事には、

ウィスコンシン大学のダロルド・トレファート博士は、約50年にわたり、サヴァン症候群について研究を続けていた。

サヴァン症候群とは、障害者でありながら、天才的な能力を持ち合わせている人のことである。

多くのサヴァンは他に見る事のできないような能力を持って生まれている。

しかし、少数ではあるが、「後天性サヴァン」と呼ばれるようなサヴァンの人々もいた。

トレファート博士が名付けた「後天性サヴァン」と呼ばれる人々は、病気や事故などによる脳損傷の影響を受けた後に、その能力を顕わにしていた。

そして、この「後天性サヴァン」についての研究から、トレファート博士はどのような人にでも、このような天才的な能力が眠っていると理論づけたのである。

今から紹介する6つの後天性サヴァンの物語は、「私たちの中に、その天才的な能力は眠っているのだ」と、あなたに確信させるだろう。

 
という書き出しから、6人の「後天性サヴァン」が紹介されています。

なんか、凄いですね!

明日以降、この記事で紹介されている「後天性サヴァン」の方々について、こちらでもご紹介していきますね!

どうぞ、お楽しみに。
 

*この記事は本プロジェクトのリサーチャーで「発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張を改善するタッチセラピー:千葉」の鶴田里見さんがご提供下さいました。

リサーチャー / Satomi
鶴田里美(つるたさとみ):発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張を改善するタッチセラピスト。自身で教室を開講すると共に、現在は、療育施設にて作業療法士・理学療法士・保育士・看護師にもタッチセラピー指導を行う。

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - 後天性サヴァン6つの驚異的な物語
Pocket
LINEで送る