発達障害者の就職率は29%

スクリーンショット 2014-06-15 8.21.56

既存の枠に入ることが全てじゃない!

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

発達障害の大学生の就職支援始まる:専門施設や大学が後押し

スクリーンショット 2014-06-15 8.21.56

とニュースがありましたね。

僕が一番気になったのは、3ページ目の「支援進まず、低い就職率」という箇所。

社会福祉法人「北摂杉の子会」(大阪府高槻市)などが平成24年に全国の大学・短大259校に実施した調査では、発達障害の診断を受けた学生の休学・退学率は16.8%。

身体障害者(肢体不自由)の学生の約3倍に上る。

就職率も身体障害者が52%に対し、発達障害者は29%と低かった。

msn産経ニュースより抜粋

 

アスペルガー・発達障害という障害があると、就職率はこんなにも低くなるのですね。

その要因の一つに、アスペルガー・発達障害は見た目には「わかりにくい障害」だということが、あると思います。

また、アスペルガー・発達障害という障害のある人にとって、既存のルールや方法に沿って働くことが、「ぴったりではない」のも、要因の一つだと、僕は考えます。

僕が、このブログを通して行いたいことは、

アスペルガー・発達障害・自閉症という障害のある人が、既存の就職枠に努力して就職することの後押し

ではなく、

アスペルガー・発達障害・自閉症という障害のある人が、自信のもつスーパースペック(一般他者と比べ飛び抜けている能力)を活かして起業することの支援

です。

まずは1つ、具体的な事例を作りたいと思います。

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - 発達障害者の就職率は29%
Pocket
LINEで送る