PLUSさんの赤坂ショールームにて渡邊義紘さんの個展開催決定!

「はさみ」がきっかけでご縁をいただきました! こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。 先日、「PLUS本社にお邪魔してきました!」とご報告を致しましたが・・・ その後の打ち合わせで、この秋、 …

はてなブックマーク - PLUSさんの赤坂ショールームにて渡邊義紘さんの個展開催決定!
Pocket
LINEで送る

1つ1,000ドルで売買される後天性サヴァンが産み出す牛の銅像

アロンゾクレモンズさんのお話しを聞いていて、初めて渡邊義紘さんにお会いした日のことを思い出しました。僕は、このブログを通じて、まず渡邊義紘さんの「障害を能力にかえる環境づくり」をお送りさせていただきますが、今後も取材を続け、世界が驚く事例を見つけ、レポートしていきたいと思います。

はてなブックマーク - 1つ1,000ドルで売買される後天性サヴァンが産み出す牛の銅像
Pocket
LINEで送る

サビーネちゃんは、瞬時に2乗計算ができるばかりか、16を使って、2乗計算の答えに対する別の計算式を作り出すことができたのです。

療養所のミスターXと6歳のサビーネちゃん こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。 先日「後天性サヴァン6つの驚異的な物語」という記事を書きました。 今日は、この記事で紹介した「The Ama …

はてなブックマーク - サビーネちゃんは、瞬時に2乗計算ができるばかりか、16を使って、2乗計算の答えに対する別の計算式を作り出すことができたのです。
Pocket
LINEで送る

事故から14年後の2008年、整形外科医だった彼は、アルバム「Notes From An Accidental Pianist and Composer」を発売しました。

先日「後天性サヴァン6つの驚異的な物語」という記事を書きました。今日は、この記事で紹介した「The Amazing Stories of 6 Sudden Savants:後天性サヴァン6つの驚異的な物語」に書かれている一人目と二人目について、ご紹介します。

はてなブックマーク - 事故から14年後の2008年、整形外科医だった彼は、アルバム「Notes From An Accidental Pianist and Composer」を発売しました。
Pocket
LINEで送る

PLUS本社にお邪魔してきました!

今日は、渡邊義紘さんの「障害を能力に変える環境づくりプロジェクト」のプレゼンテーションに、義紘さんが愛用しているはさみのメーカー「PLUS」の本社にお邪魔してきました。

はてなブックマーク - PLUS本社にお邪魔してきました!
Pocket
LINEで送る

後天性サヴァン6つの驚異的な物語

サヴァン症候群とは、障害者でありながら、天才的な能力を持ち合わせている人のことである。多くのサヴァンは他に見る事のできないような能力を持って生まれている。しかし、少数ではあるが、「後天性サヴァン」と呼ばれるようなサヴァンの人々もいた。

はてなブックマーク - 後天性サヴァン6つの驚異的な物語
Pocket
LINEで送る

Apple社が大学とパートナーシップを組んで共同開発していることが分かりました!!

この動画に衝撃を受けた僕は、なんとかApple社に伺って、ディラン君やディラン君が使っているアプリケーションについて深掘りインタビューをしたいと考え、「縁」をたどっていました。結果、Apple社の方をご紹介いただける一歩手前まで来たのですが・・・

はてなブックマーク - Apple社が大学とパートナーシップを組んで共同開発していることが分かりました!!
Pocket
LINEで送る

縁もゆかりもないApple社に一歩近づきました!

先日、「発語がない重度自閉症のディラン君がiPadを使って会話!」という記事を書きました。この記事で、全くコネクションがありませんが、是非Apple社に伺って、ディラン君やディラン君が使っているアプリケーションについて深掘りインタビューをしてきたいと思います!と、書きましたよね。

はてなブックマーク - 縁もゆかりもないApple社に一歩近づきました!
Pocket
LINEで送る

発語がない重度自閉症のディラン君がiPadを使って会話!

これ、自閉症の作家東田直樹さんの「筆談」と大変似ていますよね。 こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。 今日、このサイトを見て、ゾクッとしました。   僕はこれを見て、 「Appl …

はてなブックマーク - 発語がない重度自閉症のディラン君がiPadを使って会話!
Pocket
LINEで送る

ADHDをもつ人が成功を納める「8つのワケ」

9歳の時にADHDと診断された。その診断を受け入れることは、障害をマネージして行く為の1つ目のステップだった。そして大人になった今もその症状はボクの中に存在している。だけど、思春期の頃に悩んでいた程、今の自分にとってマイナスな要素だとは思えない。

はてなブックマーク - ADHDをもつ人が成功を納める「8つのワケ」
Pocket
LINEで送る