1つ1,000ドルで売買される後天性サヴァンが産み出す牛の銅像

clemons4

触覚を頼りにで生み出す彼の作品はとても正確で、目に見た写真と寸分の狂いがなく、また、どんな暗闇でも作品を作ることができたのです。

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

先日「後天性サヴァン6つの驚異的な物語」という記事を書きました。

今日は、この記事で紹介した「The Amazing Stories of 6 Sudden Savants:後天性サヴァン6つの驚異的な物語」に書かれている五人目と六人目について、ご紹介します。

五人目:過去の日付から曜日を答えることができるようになったオーランド

野球をしていたとき、ボールが頭に直撃したのち、突然過去の日付から曜日を答えることができるようになったオーランド。

orlando
写真元:mentalfloss.com

彼が住んでいたヴァージニア州のお天気も、過去をさかのぼり当てることができました。

彼は、決して、カレンダーを記憶しているのではなく、アルゴリズムを理解しているわけでもありませんでした。

彼はただ、「目の前に答えが見えるようになった」と言うのです。

オーランドは、この珍しい能力以外は、他の子と変わらない人並みの男の子でした。

六人目:1つ1,000ドルの銅像を量産するアロンゾクレモンズ

アロンゾクレモンズは、とても器用な子でした。

clemons
写真元:mentalfloss.com

彼は2歳の時、色とりどりの年土を使って、何時間も遊んでいました。

クレモンズが3歳の時、彼は倒れ、右脳損傷を起こし、人生が変わってしまいました。

数年間、彼は話すことも、靴のひもを結ぶことも、自分で着替えることも出来なくなりました。

そんな彼を、医者は「彼のIQは、40程度であろう」と判断しました。

しかし、そんな状況の中でも、クレモンズは粘土遊びをしているときだけは、とても生き生きとしていました。

クレモンズは、馬やイルカ、それにサイといった動物を、数秒間見ただけで、粘土を用いて、3次元レプリカをとても緻密に作ることが出来たのです。

しかも、彼は道具など使わず、自分の手だけを使ってこれらを作りました。

触覚を頼りにで生み出す彼の作品はとても正確で、目に見た写真と寸分の狂いがなく、また、どんな暗闇でも作品を作ることができたのです。

彼は静止している写真を見ることで作品作りをしていましたが、動物園や馬小屋に行き始めると、今度は、動いている動物を観察するようになり、彼の作品はとても表現が豊になり、生き生きとしてきました。

ちょうどこの頃、彼の知能は日々着実に発達してきて、短いフレーズですが、おしゃべりもできるようになりました。

また、「パワーリフティング」というスポーツの趣味も持ち、なんと、知的障害を持つ方のスポーツ競技会「スペシャルオリンピック」にも参加したのです!

その後時が経ち、クレモンズは、芸術の世界でとても有名になりました。

彼の作った銅像は、常に1つ1,000ドル程で売られています。

clemons4
写真元:mentalfloss.com

また彼の作品で最も有名な「Tree Frolicking Foals(三頭の子馬の戯れ)」という、等身大サイズの銅像は、さらに高値で取引されました。

芸術家が彼と同じレベルの作品を作るには、数ヶ月を必要とすると言われていますが、当の彼は、たったの15日で子馬たちを完成させるのです。

今日のまとめ

アロンゾクレモンズさんのお話しを聞いていて、初めて渡邊義紘さんにお会いした日のことを思い出しました。

アロンゾクレモンズさんや渡邊義紘さんの能力は、探せば、まだまだ世界に沢山いそうです。

僕は、このブログを通じて、まず渡邊義紘さんの「障害を能力にかえる環境づくり」をお送りさせていただきますが、今後も取材を続け、世界が驚く事例を見つけ、レポートしていきたいと思います。
 

*この記事は本プロジェクトのリサーチャーで「発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張を改善するタッチセラピー:千葉」の鶴田里見さんがご提供下さいました。

リサーチャー / Satomi
鶴田里美(つるたさとみ):発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張を改善するタッチセラピスト。自身で教室を開講すると共に、現在は、療育施設にて作業療法士・理学療法士・保育士・看護師にもタッチセラピー指導を行う。

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - 1つ1,000ドルで売買される後天性サヴァンが産み出す牛の銅像
Pocket
LINEで送る


質問や感想をどうぞ

1件のトラックバック