プロフィール / 齊藤直の自己紹介

th_0069_original

障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です

今日から、「アスペルガー・発達障害・自閉症児者の障害を能力に変える環境づくり」と題して、このブログをスタートさせようと思います。
 

障害者スポーツ

僕は、日本体育大学在学中に、全米障害者スポーツセンター(通称:NSCD)に行ったことがきっかけで、障害者スポーツ指導を自身のライフワークとしました。

卒業と同時に、任意団体アダプティブワールドを設立、3年間の任意団体活動を経て、2005年10月にアダプティブワールドをNPO法人化。

600.250

以降は、活動フィールドを全国区へ広げ、現在では、

・補助金、助成金を得ずに
・フルタイムスタッフ、アルバイトも複数名雇用し
・年間を通して、障害者スポーツ指導を主事業とする

日本で唯一のNPO法人を運営しています。
 

アスペルガー・発達障害・自閉症という障害

アダプティブワールドの活動を通して、僕は、何万人もの障害児者と触れ合ってきました。

中でも、アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人々とは、数多くの出会いがあり、活動を共にしてきました。

アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人々の多くが、現代社会においては、弱者・通常の教育や社会生活が行いにくい人と認識され、多くの場合が、健常者と呼ばれる人と、セパレートされた教育・社会生活をさせられています。

しかし、僕は、アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人々でも、社会的にその存在を高く認められ、また、社会(世間)に必要とされている人とも、数多く出会ってきました。

smart-geeky-kids
写真は、TEDの講演で有名な、自閉症のテンプル・グランディンさん

世間で名が知られる彼らは、アスペルガー・発達障害・自閉症という障害がありますが、「障害者」ではなく「英雄(ヒーロー)」として、活躍しています。
 

ある環境の弱者が、ある環境では英雄

一方では、「弱者」と認識されている人が、もう一方では、「英雄」として認識されている。

僕は、この10年間、ずっとこの違和感を、体の奥底で感じていました。

しかし、その違和感が何なのか、言語化も具現化もできませんでした。
 

どんなに優れた能力でも環境によっては無価値

ある日、僕は「障害」を「障害」とだけ考えていたので、この違和感のゴールが見つからないのだということに、気が付きました。

その時、僕が「どのように考えたのかというと・・・。

「障害」を「能力」と考えたのです。

600spec-convelator

こう考えた途端、点で散らばっていた全ての違和感が、線で結ばれる感覚を得ました。
 

「環境」がなければ、全てはゼロ

例えば、大学教授。

大学教授は、研究を専門とし、大学という組織の中にいるから、大学教授なのです。

しかし、大学・研究という環境から外れた瞬間、彼らは、「ただの男性」であり「ただのおじさん」になります。

600th_旭川大学

また、お寿司屋さんもそうです。

お寿司屋さんの大将は、魚やシャリがあって初めてお寿司屋の仕事ができますが、これらがないと、ただ元気のいいおじさんになります。

そう、「能力」とは、それを活かす「環境」があって、はじめて機能するのです。
 

Adaptive

僕は、障害者スポーツを通じて、アダプティブ(Adaptive)という、キーワードに出会いました。

アダプティブとは、形容詞で、「適合する、適応する、順応性のある」という言葉です。

このアダプティブ、僕たちは形で表すときには、パズルの1ピースを示します。

1

パズルの1ピースって、これが当てはまる環境にあると、パズルとして機能しますが、その環境がないと・・・どこにも当てはまらない、ただの異物です。
 

パズルの1ピース=アスペルガー・発達障害・自閉症

このパズルの1ピースって、アスペルガーであり、発達障害であり自閉症だということができますよね。

つまりは、

アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人たちは、その障害を活かす環境さえあれば、その障害は「能力」となり、社会(世間)に必要とされるのです!
 

生き方をInnovation

これに気がついた時、僕は、アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人たちの障害を「能力」に変える環境づくりを、自らのライフワークにしたいと、強く思いました。

0078_original

アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人たちの「障害」は、環境を変えることで「能力」となります。

僕は、このブログを通して、アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人を中心とした「障害者」の生き方をInnovationしたいと思います。

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - プロフィール / 齊藤直の自己紹介
Pocket
LINEで送る


このブログについて

1

「マイナス」は、環境を変えると「プラス」になる

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

このブログでは、今日まで社会で「常識(あたりまえ)」とされてきたことで、僕の目から見ると「それって、実は常識じゃないよね。」ということについて、齊藤直というフィルタを通した見解を、発信していきたいと思います。

20130123114037

 

飛び抜けた能力は活かせばいい

2014年現在でも、アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人々は、健常者より高い能力をもっていても、社会で生きるために、その能力に蓋をし、既存の仕事に就くことが良いとされています。

しかし、僕にはこれが、正しいこととは思えません。

アスペルガー・発達障害・自閉症と呼ばれる人々は、ある一部の能力が、健常者よりも飛び抜けて高いことがあります。

l_237

また、その能力は、ある一定水準を超えると、世界的な評価を受け、歴史に名を刻みます。

例えば、アインシュタイン、ゴッホ、山下清らがそうだと言われています。

であるのならば、アスペルガー・発達障害・自閉症という障害のある人々を、「既存の就職枠に当てはめよう」とするのではなく、彼らには「飛び抜けた能力を磨く・活かす環境」を与えることが大事なのではないでしょうか。
 

教育カリキュラムから見直しが必要

そう考えると、アスペルガー・発達障害・自閉症という障害のある人々が受ける「教育」から、見直しが必要です。

既存の学校教育では、アスペルガー・発達障害・自閉症といった障害を持つ子どもたちにも、健常者と同じ、または、健常者の学習指導要領をベースとした教育が行われています。

しかし・・・彼らは、健常者と同じ、または、健常者の学習指導要領をベースとした教育を受けることを、得意としません。

もちろん、「読み・書き・そろばん」は、できた方がいいです。

なぜなら、既存の社会で生きていくために、「読み・書き・そろばん」は、できたほうが「便利だから」です。

しかし、「読み・書き・そろばん」でさえ、「できたら便利」というだけで、できなければ「死」というわけではありません。

であるのならば、アスペルガー・発達障害・自閉症といった障害を持つ子どもたちには、まず、「彼らが潜在的に持つ飛び抜けた能力を活かす・磨く教育カリキュラム」を与えても、いいですよね。

Fotolia_29123194_XS

 

このブログで、僕がすべきことは4つ

このように考える僕は、このブログを通して、アスペルガー・発達障害・自閉症といった障害のある人々の

・教育カリキュラムづくり
・そのカリキュラムを学ぶ場づくり
・その場で磨いた能力を活かして作品を創り売る店づくり
・自活する力を手に入れた彼らが永続的に活躍できる場づくり

を行いたいと思います。

 
「障害」は環境を変えると「能力」になる。
No Adaptive, No Life.
 

はてなブックマーク - このブログについて
Pocket
LINEで送る


「障害」を「能力」に変えるメールマガジン

携帯・スマホでも購読できます

こんにちは、障害を能力に変える環境づくりプロデューサーの齊藤直です。

不定期で、「障害を能力に変えるメールマガジン」をお届けしています。

購読のお手続きは、こちらからどうぞ。
 

姓:

名:


 

「障害」は環境を変えると「能力」になる!
No Adaptive, No Life.

はてなブックマーク - 「障害」を「能力」に変えるメールマガジン
Pocket
LINEで送る